逆効果になってしまう!筋トレのNGタイミングは?

 

 

令和1発目は、「筋トレNGタイミング」について紹介します!

 

何かを始めるとき、行動するときに多くの人がタイミングを意識していると思います。

筋トレも同じでタイミングを意識することが大切で、タイミングひとつで筋トレの効果が大きく変わってきます。

 

タイミングが悪い状態で筋トレを行うと、効果が出にくくなるどころか健康被害に繋がる危険性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

朝起きたばかりの時

 

朝起きてすぐ筋トレをするのは身体によくありません。

 

朝起きてすぐの状態は、代謝と血糖値が低くなっていて身体が十分に温まっていません。

そして、何も食べていないので栄養が少なくエネルギーをあまり作り出せないので、身体を動かすのにはあまり向いていません。

 

そんな状態で筋トレを始めてしまうと、まだウォーミングアップができていないので、パフォーマンスが悪くなり、最悪の場合ケガに繋がります。

 

さらに、筋トレで消費する分のエネルギーが足りない朝は、筋肉や皮膚などに含まれるタンパク質を代わりに分解してエネルギーに変化させてしまいます。

その結果、逆に筋肉が細くなってしまい逆効果になります。

 

もし、朝しか筋トレをする時間が取れないのであれば、しっかりと朝食を摂って最低でも起床後1時間は開けてから筋トレをするようにしましょう。

 

 

空腹状態の時

 

これも、理由は寝起きの時と似たような理由です。

 

空腹はつまり、身体に栄養が足りていない状態です。

その状態で筋トレをすれば、消費されるエネルギーは当然筋肉などのタンパク質から補おうとしてしまうので、効果的とは言えません。

 

そもそも、筋トレをしている人が空腹状態になることはあまりよくありません。

空腹の時に、筋トレをしていなくても身体は常にでエネルギーを消費しているので、

空腹の状態が長く続けば筋肉を分解してエネルギーにしてしまいます。

 

多少の空腹ならそこまで問題はありませんが、過度な空腹は避けるようにしましょう。

 

筋トレをする前に、お腹がすいているのであれば少し軽い食事を摂ることをおすすめします。

ですが、食べ過ぎないよう注意が必要です。

  

 

食後・満腹状態の時

 

食後の満腹状態で筋トレをすると、消化不良になる危険があります。

 

食後は、胃や腸などの消化器官を活発に働かせるために血液が回るのですが、そのタイミングで筋トレをしてしまうと、筋肉を修復するために筋肉に血液が回ってしまいます。

 

その結果、本来消化されるはずのものが消化されずに残ってしまい、胸やけや吐き気を起こしてしまいます。

 

食後は、最低でも30分開けてから筋トレを行うようにしましょう。

 

 

就寝前

 

就寝前に、筋トレをすると睡眠不足になります。

 

筋トレをすれば、アドレナリンが分泌され血流が活発になるので、眠気を覚ましてしまいます。

 

これを習慣的に行っていると、十分な睡眠が取れなくなってしまいます。

 

筋トレにおいて睡眠は重要な要素の一つです。

睡眠をしっかり取らないと、筋肉の回復が遅れてしまうので筋トレの効果が下がってしまいます。

 

そのため、就寝前の筋トレはできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

ベストなタイミングは?

 

今までNGタイミングばかり紹介してきましたが、逆にベストなタイミングはいつなんだ?気になりますよね。

 

筋トレを行う上でベストなタイミングは今まで紹介したNGタイミング以外の時です。

 

それらのタイミング以外であれば、いつ筋トレをしてもリスクはありません。

十分に効果が期待できます。

 

 

まとめ

 

筋トレは、いつでも行っていいわけではありません。

しっかりと、適切なタイミングを選んで行うことが大切です。

今回紹介したNGタイミングを避けて、それ以外の時間帯で行いましょう。

 

正しく筋トレを行えていれば、効果は必ず現れます。まずは、正しい知識を身に付けることが大切です。

  

以上!参考になれば幸いです!!

 

 

関連記事

www.jazzmanspear.com

 

 

www.jazzmanspear.com

 

 

www.jazzmanspear.com