ライフスタイル

筋トレ・ダイエット・私生活

筋トレのNGタイミングは?

 

 

令和1発目のブログは、「筋トレNGタイミング」について紹介します!

 

これと言って特別なにかあると言うわけではありませんが、記念すべき初日という事で言いたくなってしまいました!w

 

それでは、本題に入って行きます!

 

 

 筋トレをするときに、意識しなければならないことが多くあります。

筋トレは、タイミングひとつで効果が変わったり、健康被害に繋がります。

そのため、タイミングはとても重要です。

 

 

 

 

寝起き

朝起きてすぐに、筋トレをするのは、身体によくありません。

まだ、血糖値が低く体に栄養が足りていない状態なので、身体を動かすのに適していないからです。

 

さらに、筋トレをしてエネルギーが消費されるときに、栄養が足りていない寝起きの身体からは、

筋肉などのタンパク質を優先的に分解してエネルギーに変えてしまうので、逆に、筋肉が細くなってしまい逆効果になります。

 

もし、朝しか筋トレをする時間が取れないのであれば、しっかりと朝食をとってからにし、

最低でも、起床後1時間は開けて筋トレをするようにしましょう。

 

 

空腹時

 

これも、理由は寝起きの時と似たような理由です。

 

空腹つまり、身体に栄養が足りていない状態で筋トレをすれば、消費されるエネルギーは、当然筋肉などのタンパク質から補おうとしてしまうので、効果的とは言えません。

 

そもそも、筋トレをしている人が、空腹状態になることはあまりよくありません。

空腹の時に、筋トレをしなくとも身体は常に代謝でエネルギーを消費しているので、

空腹であれば、筋肉を分解してエネルギーにしてしまうからです。

 

多少の空腹ならそこまで問題はありませんが、過度な空腹は避けるようにしましょう。

 

筋トレをする前に、お腹がすいているのであれば、少し軽食を摂ることがおすすめです。

ですが、食べ過ぎないようにしましょう。

  

 

満腹時

 食後の満腹状態で筋トレをすると、消化不良になる危険があります。

 

食後は、胃や腸などの消化器官に血液が回るのですが、

そのタイミングで筋トレをしてしまうと、筋肉を修復するために血液が筋肉に回ってしまいます。

 

そうなると、本来消化されるはずのものが消化されずに、残ってしまうので、

胸やけや吐き気を催してしまうこともあります。

 

食後は、最低でも30分開けてから筋トレを行うようにしましょう。

 

 

就寝前

 

就寝前に、筋トレをすると睡眠不足になります。

 

筋トレをすれば、アドレナリンが分泌され血流も活発になるので、眠気が覚めてしまいます。

 

これを習慣的に行ってしまえば当然、十分な睡眠はとれないので、就寝前の筋トレはできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

筋トレは、いつでも行っていいわけではありません。

しっかりと、適切なタイミングを選んで行うことが大切です。

 

今回、紹介したNGタイミングはできるだけ避けて、それ以外の時間帯で行いましょう。

 

 

以上が、「筋トレのNGタイミング」でした!

 

参考になれば幸いです!!

 

 

関連記事

www.jazzmanspear.com

 

 

www.jazzmanspear.com

 

 

www.jazzmanspear.com

 

 

www.jazzmanspear.com