ライフスタイル

筋トレ・ダイエット・私生活

太りずらい人が何気なくしていること

 

 

みんなと大差ない生活してるのに全く太らない人って身近にいませんか?

 

そうゆう人が何気なくしてることってあるんですよね。

それをいくつか紹介していきます。

 

 

水やお茶を飲んでる

 

ジュースには思っている以上にカロリーや糖分が含まれているので、

それを頻繁に飲んでいれば当然脂肪がつきやすい身体になります。

普段から飲んでいるジュースを水に変えるだけでも、

結構なカロリーを抑えることができるので、太りずらくなります。

 

さらに、水には代謝をよくして老廃物を出してくれる効果があるので、

むくみや便秘などが解消されます。

 

 

立っている時間が長い

 

長時間座っているとどうしても使われる筋肉が少ないので、

消費カロリーがすくなってします。

特に、最近では多くの仕事がデスクワークのため、

座っている時間がどうしても長くなってしまいます。

 

ですが、少し意識するだけでかなり消費カロリーを増やすことができます。

いつも使っているエレベーターを階段に変えたり、

最寄り駅まで車ではなく自転車や徒歩で向かうなど、さまざまな方法があります。

 

 

空腹を我慢していない

 

空腹は飢餓状態でもあるため、空腹の状態は長時間続いた後に食事をとってしまうと、

脳が、次また空腹になったときに耐えられるように普段よりもカロリーを

身体に蓄えようとしてしまい脂肪がつきやすくなってしまいます。

多少の空腹はそこまで大きく影響しませんが、

過度な空腹状態を我慢することは、

かえって太る原因になることを理解しておきましょう。

 

さらに、空腹状態になると消費するカロリーを筋肉や皮膚、髪の毛などといった

タンパク質の多い組織から得ようとして分解されてしまいます。

その結果、肌荒れ、ニキビ、切れ毛、基礎代謝の低下などが起ってしまいます。

 

 

適度に運動している

 

激しい運動をしているのではなく、だれにでもできるランニングやストレッチなどを習慣的に行っています。やはり、動物の構造は運動するのが前提で作られていので、

運動は必須条件といっても過言ではありません。

 

週に1度軽い運動をするだけでも、かなり変わると思います。

汗は、毛穴の汚れを流して肌をキレにする効果もあるので、

普段汗を流さない人より適度に汗を流している人のほうが、肌は綺麗な傾向があります。

 

 

ストレスを溜め込まない

 

ストレスが多いとバク食いしたり、お酒を頻繁に飲んだりしてしまうことがあります。

すると、太るだけでなく、不健康になってしまうので、

ストレスは、定期的に発散してリフレッシュすることが大切です。

 

個人的には、過度なストレスが溜まるようなひどい職場や学校などのコミュニティ

には、わざわざ行かなくてもその場から身を引けばいいと思います。

別に、そこが世の中の全てではないので、

無理して嫌な人生を送る必要ないと思います。

 

 

以上が、太らない人が何気なくしていることでした。

ほかにもいろいろあると思いますが、ほとんどがこれらの要因だと思います。

この記事を参考にして生活習慣を改善していただけると幸いです。

 

 

 

 

 

インスタグラム

www.instagram.com