ライフスタイル

筋トレ・ダイエット・私生活

筋トレの頻度について

 

 

 

筋トレをはじめたばかりのころは、どれぐらいの頻度でやればいいのか

わからないと思います。

 

早く効果を出すためには、毎日するべきなのか?

 

それとも、無理せず行えばいいのか?

 

いろいろ考えているともいます。

よって、今回は筋トレの効果的な頻度についていくつか紹介していきます。

 

 

 

 

 

まずは週1
 

 

筋トレを始めたばかりのころは、まだそこまで筋肉が発達していません。

もちろん個人差はありますが、初心者の方がいきなり無理をしてしまうと、

怪我の原因になります。

まず初めは、週に1回程度の頻度で始めることをおススメします。

 

 

1つの筋肉だけを意識する
 

 

初心者の方がいきなりいろんな個所を鍛えてしまうと、

逆に発達が遅れてしまうことがあります。

まず初めは、鍛えたい場所を1か所決めて、そこを重点的に鍛えましょう。

 

私が最初に始めた部位は、上腕二頭筋でした。

※力こぶのことです。

 

 

筋肉痛の時は休む
 

 

よく筋肉痛の時こそ追い込んで発達させるみたいな、わけのわからないこと言う人がいますが、あれは大間違いです。

筋肉は休養をしっかりと与えなければ逆に怪我やオーバーワークになってしまいます。

筋肉痛は大きい筋肉で2~3日小さい筋肉で1~2日ほど続きます。

 

大きい筋肉とは、胸、背中、脚などといった体の大部分を占めているところです。

逆に、小さい筋肉とは、腕、腹筋などのことを言います。

 

 

慣れ始めたら徐々に頻度を増やす
 

 

ここで勘違いしてほしくないことが1つあります。

それは、同じ部位の筋トレ頻度を増やそうと考えることです。

頻度を増やすということは、同じ部位だけではなく、鍛える部位を2か所、3か所

と増やすという意味です。

例えば、「初めのころは腕だけしかやっていなかったけど、最近だいぶ慣れてきたから、肩も追加しよう。」みたいなことです。

どれだけ、長くやっていても同じ部位を何回もやることは避けるべきです。

 

でも、筋肉痛は2,3日で治るんじゃないの?

と思った人は少し惜しいです。

たとえ筋肉痛が治ったとしても、関節や靭帯は回復に1週間ほどかかるので、

筋肉痛が治った直後の筋トレは、ほかの組織に無理な負担をかけることになるのです。

 

曜日ごとに鍛える部位を決めておくことが個人的はおススメです。

 

 

1週間以上は開けない
 

 

筋トレの頻度を下げすぎてしまうと、今度は発達しなくなる可能性があります。

その境目として、ちょうど1週間がベストだと思います。

 

ただし、違和感や痛みなどがある場合はしっかりと休みましょう。

安静にしておけば1~2週間ほどで治る場合が多いので。

 

 

まとめ
 

 

筋トレを始めたばかりのころは、いろいろ試行錯誤して正しい方向に

向かうと思います。

でも、努力する方向を間違えてしまえば、

いつまでたってもたどり着くことができません。」

これを見てくださっている方もそうならないように、しっかりとした

情報を蓄えて、間違えないようにしましょう。

 

以上が筋トレの頻度についてでした。