ライフスタイル

筋トレ・ダイエット・私生活

水泳をするとダイエットに効果抜群【元水泳部が語る】

 

私は、学生時代水泳部に所属していました。

毎日のように、3~4㎞泳いでいて、とても大変でした。

ですが、そのおかげで全く太ることがなく体脂肪率は12%でした。

そのため、水泳はダイエットに最適であると思います。

私のように、3、4㎞も泳ぐ必要はなく、30分程度でも十分に効果的です。

 

水泳は、全身の筋肉を同時に動かしてなおかつ身体への負担が少ないので、ダイエットをしている方に、非常におススメの運動です。

 

そこで、今回はダイエット効果がある水泳について紹介します。

 

 

水泳のダイエット効果

 

基礎代謝が向上する

水泳は基本的に気温よりも温度の水中で行うので、身体が熱を出すために代謝が上がりやすくなります。

ほかにも、水圧や水流の影響で、圧力がかかり血流がよくなります。

 

身体にかかる負担が低い

水泳は浮力の影響で陸上にいるときよりも体重による負荷が下がります。

そのため、足首や膝などが不自由な状態であっても、あまり問題なく動かすことができます。

 

消費カロリーが多い

水泳では水の抵抗や水圧などがかかるため、ランニングなどの有酸素運動よりも、3倍近い消費カロリーがあるともいわれています。

 

 

効果的な頻度

 

水泳も筋トレと同じで初めのうちは週1から始めればいいと思います。

無理に、頻度を増やしてかえって継続できなくなってしまったら意味ありませんから。

そして、徐々に慣れていけば週に2回、3回と自分に合ったペースで増やすことをおススメします。

ですが、筋肉を休めることも必要なので、毎日することは避けて水泳をしたら最低でも中1日は空けて休養を取るようにしましょう。

 

 

1度に行う時間

 

水泳は、結構筋力を使う運動です。そのため、やりすぎてしまうとオーバーワークになってしまい回復が遅れたりする場合あるので、注意が必要です。

 

※オーバーワークについては、こちらで詳しく記載しています。

興味があればご覧ください。

jazzmanspear.hatenablog.com

 

それなので、基本的に30分~1時間程度行えば十分です。

慣れてきた場合はそれ以上やっても構いませんが、定期的に休憩を取り水分補給をしっかりすることを忘れずにしましょう。

水泳は、ほかの運動に比べあまり喉の渇きを感じないため、筋肉がつってしまうこともあるので十分に注意が必要です。

 

 

泳げない場合

 

泳げない方でもただ水中を歩くだけで十分にダイエット効果があります。

そのほかにも、市民プールなどは基本的にビート版の貸し出しを行っているので、

それを使えばしっかりと浮くことができるので、ある程度は泳げると思います。

 

 

まとめ

 

ダイエットは無理に行っても絶対継続できないので、自分のできる範囲から始めることが一番大切です。

仕事が忙しくて、なかなか水泳ができないという方でも週1からなら始められると思います。

たった週1でもやってないときより全然変わります。まずは何事も挑戦が大切です。

悩んでいる方は、これを機にぜひ始めてみましょう!

以上が、水泳のダイエット効果についてでした。

 

参考になれば幸いです。

 

 

インスタやってます。

ぜひフォローよろしくお願いします!!

 

www.instagram.com