Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・健康・生活術

スリムになる歩き方

 

脚を細くしようとして、普段から筋トレやダイエットをしている。

 

それで、効果が出ればいいのですが、なかなか効果が出ずに悩んでいる方は、まずは歩き方や立ち方を意識することで少しずつ細くすることができると思います。

 

そこで、今回は脚を細くする方法について紹介します。

 

 

 

 

 

正しく歩くメリット

 

正しく歩くことによって、以下のようなメリットが見込めます。

 

  1. 下半身にメリハリのいいスリムな形になる
  2. 基礎代謝が向上する
  3. 疲れがたまりずらくなる
  4. 血行が良くなり、むくみが改善される
  5. 印象がよくなる
  6. ヒップアップ効果がある

 

これ以外にも人によってはメリットはありますが、主にこういったことが見込めます。

 

 

猫背を治す

 

猫背で歩くとかかとに重心が行くので、足首や、膝回りの筋肉が使われてしまいます。

 

そうなると、そこの筋肉が発達してしまい、メリハリがなくなってしまいます。

 

実際はあまり太くなくてもメリハリがなくなることによって、太く見えるようになってしまいます。

 

さらに、猫背でいると脚だけに限らずお腹周りや背中にも脂肪がつきやすくなってしまいます。

猫背は多くの筋肉を衰えさせていますので、猫背は改善するように意識しましょう。

 

歩くときは、右の姿勢を意識して歩くようにしましょう。

 

 

片足に重心を掛けない

 

長時間立っていて疲れてくるとよく片足立ちをする方が多いと思います。

 

ですが、それをやってしまうと体のバランス(特に骨盤)が悪くなってしまい、下半身に脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

疲れてきたら片足立ちではなく、仁王立ちなどをして我慢するようにしましょう。

 

どうしても、限界になってしまったら座ったりしゃがんだりすることをおススメします。

 

 

急いで歩かない

 

急いで歩くと、普通に歩くよりも脚の筋肉に負担がかかるので、筋肉が発達して太くなります。

 

歩くときは、急がずに筋肉にあまり負担がかからないよう歩くことを意識しましょう。

 

ジョギングなどは有酸素運動なので、筋肉が発達するというよりは、脂肪燃焼や肺活量向上などに、つながるのでそこはあまり意識しなくても大丈夫です。

 

 

ストレッチする

 

これは場所によっては難しいかもしれませんが、長時間立っていたり歩いている人は、足首や脚の付け根などを軽く回してストレッチすることをおススメします。

 

ストレッチをすると、血流がよくなることで疲労が取れたり、むくみの予防になった利します。

 

できない環境にいる場合は、軽く伸びをすることも効果的です。

 

 

まとめ

 

普段から何気なく行っていることでも、筋肉を使われているので、日常生活を少しでも改善するだけで、身体に変化は訪れると思います。

 

ぜひ足を細くしたい人は、こういったことを参考にして理想の身体を目指していってください

 

以上が「足を細くする歩き方・立ち方」でした。