ライフスタイル

筋トレ・ダイエット・私生活

猫背治すための方法

 

 

今回は日本人に多い猫背についていろいろと記載していきます。

 

猫背になる原因

 

現代は、パソコンやスマートフォンを長時間使用することがい多くなっています。そのため、猫背の状態が続いてそれが癖になってしまいます。長時間同じ姿勢を続けると首から背中にかけての筋肉が硬直してしまい肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

 

さらに、運動不足が重なると正しい姿勢を保つための筋肉が足りずに保てなくなってしまいます。

 

猫背に効く筋トレ

 

正しい姿勢を保つには、背中の筋肉と腹筋を使うことが大切です。猫背の状態では、どちらの筋肉も使われていない状態です。その状態がずっと続いてしまうとお腹と背中に脂肪が集まり、だらしのない体系になります。

 

 

自宅で簡単にできるものは基本的に自重トレーニングがあります。自重トレーニングとは字のごとく自分の体重を利用して、筋肉に負荷をかける筋トレのことです。

腕立て伏せ腹筋スクワットなども自重トレーニングの一つです。

 

背筋運動

うつ伏せになりその状態から背中を上に持ち上げて戻します。

f:id:jazzmanspear:20190417220737j:image

この筋トレでは、脊柱起立筋という腰から背中の中間あたりに伸びている筋肉を鍛えることができます。

これを、10回3セットで週に1回行いましょう。

 

腹筋も背筋同様の頻度で行いましょう。

 

普段から気を付けるところ

 

座ってい何かをするときに深く腰掛け背もたれにもたれるのではなく、浅く座り背もたれを使わずに背筋よく座ることを意識しましょう。長時間この体勢をしているのはきついので、定期的に休憩を取りながら行いましょう。

 

スマートフォンを利用するときは、できるだけ下を向いて操作するのを避け目線と同じ高さで見ることを心がけましょう。疲れてその体勢を続けるのが大変になったときは机などに肘を置いて目線を保つようにしましょう。

 ほかにも、定期的肩を回したり肩甲骨を寄せるなどといったストレッチも欠かさず行うようにしましょう。

 

 

Instagram

www.instagram.com