Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

習慣的に毎日ウォーキングをしよう!毎日するメリット!

 

いつもよりも健康的な生活を送るためにも、

毎日ウォーキングをする事は大切です。

 

一見毎日すると思うと疲れると思うかもしれませんが、

そんな事はありません。

 

毎日ウォーキングする事で、逆に疲れにくくなります。

 

そして、人は体を動かす事でエネルギーが貯まります。

 

 

 

 

ウォーキングのメリット

 

ウォーキングは体にとてもよく効果的。

  • 体重が減る
  • 心臓病のリスクが下がる
  • がんのリスクが下がる
  • 高血圧の予防
  • 骨密度が上がる
  • 気分が高揚する
  • 肌荒れ改善、ニキビ予防

など様々なメリットがあります。

ウォーキング1つで薬以上の効果があるとも言える。

 

だけれど、ウォーキングの時間を余分に作る必要はありません。

普段使う車や電車などの交通手段を、歩く時間に代えてみましょう!

 

現地まで遠いのであれば、最寄り駅を1つずらしたり、

いつもより離れたところに駐車しましょう。

 

普段から意識してなるべく歩くようにしていれば、

わざわざ時間を作る必要もありません。

 

毎日やることが大事

 

ウォーキングによる効果は1日持続するため、

毎日健康的に生活するためにも、できるだけ毎日行いましょう!

 

習慣にしていくには、ときどき行うよりも毎日行った方が続きやすいです。

ランニングや筋トレなどの割と激しめな運動であれば、

休養を取りながら行うことが大切です。

 

だけれど、短時間のウォーキングは特に体に大きな負担がかかることがないので、

毎日行うことが最も効果的です。

 

1日に20分でウォーキングでさまざまな効果を得ることができます。

 

自分を前向きに評価する

 

簡単に行えることですが、完璧を求めてしまうとストレスが溜まり続かない原因にもなります。

悪天候や体調不良などでできない日も当然あります。

 

そんな時でもネガティブに捉えず、「ほかの日はさぼらずできたからいいや!」

とポジティブに考えましょう!

 

ウォーキングをすれば、気分がよくなりリフレッシュされますが、

それだけに頼らず自分もなるべく前向きで明るい気持ちでいることが大切です。

 

考える時間が増える

 

歩くことで、考え事をする時間が増えます。

歩いている最中に、自己分析や、今後の予定や、仕事の段取り、新しい企画などを考えるのがいいでしょう。

 

さらに、歩くことで脳も活性化されているので、

普段よりもより良いアイディアが生まれるかもしれません。

 

毎回考え事をしなくても、音楽やラジオを聞いたり、電話するのでもいいです。

 

ウォーキングの習慣があると実際には時間は増えませんが、

体感的に増えたように感じます。

 

まとめ

 

ウォーキングは、めんどくさいと思うこともありますが、

意識してなるべく歩く時間を増やして行きましょう!

 

そして、習慣的に行うためにも、できるだけ毎日行うようにしましょう!

 

ウォーキングはほかのスポーツに比べて、

筋肉や関節に掛かる負担が少ないので、

ケガのリスクも無く楽に継続させることができます。

 

さらに、ウォーキングに慣れていけば徐々に楽しさや清々しさを感じられるようになります。