Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

寝る前の行動で、睡眠の質を下げる!

 

f:id:jazzmanspear:20200302214905j:plain

 

Jazzmanです。

 

みなさんは、

寝る前どのように過ごしていますか?

 

しっかりと寝るための準備はしていますか?

 

実は、ぐっすりと眠れますようするためには、

寝る前の行動が重要になります。

 

寝る前の行動ひとつで、その日の睡眠の質が大きく左右されています。

 

もしかすると、自覚がないだけで普段の何気ない行動が、

あなたの睡眠不足や不眠症の原因を、作ってしまっているのかもしれません。

 

そして今回は、

寝る前にしてはいけない行動を、カンタンに紹介します!

 

 

 

 

 

運動する

 

筋トレやウォーキングなどの運動をすると、

アドレナリンというホルモンが分泌されます。

 

アドレナリンは、脳に覚醒作用を起こすホルモンで、

やる気や、血流促進、興奮状態などの効果を発揮します。

 

寝る前に運動をしてしまうと、それらの作用が眠気を覚まし、

寝付けなくなってしまいます。

 

そのため、運動は最低でも、

寝る2時間前までに済ませるようにしましょう。

 

 

食事をとる

 

食事をとることで、

胃腸などの消化器官や肝臓などの臓器が活発に働き始めます。

 

そのため、

体が消化吸収に集中して、体が休めなくなります。

 

さらに、睡眠中に消化物が残っていると、

消化不良を引き起こして、吐き気や胸焼けなどの症状が出ます。

 

睡眠中は、代謝が低下していて、

胃腸などの働きが弱くなっていることが原因です。

 

そのため、

食事は寝る3時間前までに済ませるようにしましょう。

 

 

スマホを見る

 

人は、メラトニンというホルモンに作用で、

「日光の光で目を覚まし、夜になり暗くなると眠くなる」

という体内のリズムがあります。

 

ですが、スマホやパソコンなどの明るい画面を見ることによって、

そのリズムを崩してしまいます。

 

脳はそれらの眩しい光を日光だとと錯覚してしまうからです。

 

特に画面を明るくしていたり、顔のに近くで見ていると、

脳の覚醒をさらに高めてしまうので要注意です。

 

そのため、

寝る前はスマホをなるべく遠ざけて、部屋を事前に暗くしてきましょう。

 

 

悩みごとをする

 

寝る前に、何かひとつでも悩みごとを始めてしまうと、

なかなか寝付けなくなってしまいますよね?

 

僕も悩みごとが原因で、一睡もできなかった日があります…

 

ほとんどの場合、寝るときは暗い部屋に一人でいることが多いです。

 

そのため、

寝るときの寝室は普段よりも悩みごとや考えごとを、

しやすい環境になっているので、なかなか寝付けなくなってしまうのです。

 

悩みごとはなかなか意識しても、解決しにくい問題ですが、

読書や音楽を聴くことで一時的に気を散らすことができます。

 

悩みごとで頭がいっぱいになっている時は、

ぜひ一度試してみてください!

 

 

まとめ

 

みなさんは、今回紹介した行動を、

寝る前にしていませんか?

 

もし当てはまっているものがあれば、

少しづつ改善していくことをおすすめします。

 

そして、

寝る前から心身ともにリラックスできるように、意識していきましょう!