Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

断食は絶対にしてはいけない!断食のデメリットとその危険性について

 

f:id:jazzmanspear:20200823183415j:plain
 

ごきげんよう!Jazzmanです。

 

ダイエット方法の1つで断食がありますが、

みなさんは試した事がありますか?

 

結論から言うと、

「断食は体に悪影響しかありません。」

 

断食と言っても多くの方法があり中には少し食事を取ったり、

野菜や栄養ドリンクだけを取る方法いわゆるプチ断食などがありますが、

どれも体に良いとは言えません。

 

今回は、なぜ断食はしてはいけないのか、わかりやすく紹介します。

 

 

 

 

 

 

断食による体の変化

 

断食をすると、体に多くの変化が起きます。

そして、ほとんどが体に悪影響を引き起こしてしまう変化です。

 

 

代謝が下がる

 

断食によって体内の栄養素が不足すると、

筋肉が徐々に減少していきます。

 

そして体の筋肉量が減ると、代謝も同時に下がっていきます。

 

筋肉が減り代謝も低下すると、

体の循環機能や脂肪燃焼効果などの働きが悪くなります。

 

そのため太りやすくなったり、

便秘になったり血行が悪くなるなど、様々な健康問題に繋がります。

 

代謝を維持・向上させるためには、

毎日必ず食事を取る事が大切です。

 

 

疲れやすくなる

 

筋肉が減ると普段よりも疲れやすく、回復しづらい体になります。

 

これは、老化と同じ現象とも言えます。

 

普段と同じ労力でも体にかかる負担が大きく変わるので、

仕事や私生活で何気なくしている事がめんどくさくなり、

ストレスを感じやすくなります。

 

さらに、代謝や循環機能が低下していることで、

酸素や栄養素を体中に運ぶ血管の働きが悪くなっています。

 

そのため、疲労した筋肉や関節などの組織に、

栄養素が行き渡りづらくなり回復が遅れてしまいます。

 

 

肌荒れ

 

肌に栄養素が行き渡らなくなると、肌荒れ、乾燥肌などを引き起こします。

 

さらに、代謝が下がり血行が悪くなった事で、

老廃物が肌に溜まりやすくなり、ニキビができやすくなります。

 

断食では、「デトックス効果を期待できる」と言われていますが、実際はその反対です。

 

肌の質をキレイに保ち肌荒れを防ぐためには、

適度な運度としっかりとした食事が欠かせません。

 

 

頭の働きの低下

 

脳に栄養素が不足がすると、

集中力、記憶力、判断力、集中力、など様々な機能が低下します。

 

さらに、精神的にも不安定になりやすく、

ストレスも溜まりやすくなります。

 

特に女性の場合だと、

ホルモンバランスが崩れてしまうので注意が必要です。

 

人は本能的に空腹状態になると、飢えを防ぐためにエネルギーの消費を最小限に抑えて活動を減らしていきます。

とそのため、脳の働きも低下します。

 

 

まとめ

 

人の体は、定期的に栄養素を補給しないと、

健康を保つ事ができません!

 

そして、断食は体だけでなく、精神的にも悪影響を与えてしまうので、

ダイエットを始めようと思っている方は、

必ず避けるようにしましょう!