Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

間違った食事制限は要注意!体を壊す危険もある

 

ごきげんよう!Jazzmanです。

 

みなさんはダイエットを始める時、

一度は食事制限について必ず意識したことがあるんではないですか?

 

「食事を減らせば、

       痩せられる。簡単だ!」

 

無理してでも、

       食事を我慢しよう!」

 

まずは食事制限からだ!って?

 

でも食事制限は、そんな簡単な話ではありません。

 

しっかりと正しい方法で行わなければ、

体を壊してしまうかもしれません。

 

今回は、

間違った方法で食事制限をすると、どうなってしまうのか?について、

 

分かりやすく紹介します!

 

 

 

 

 

 

筋肉が減る

 

間違えた方法で食事制限を続けていると、

まず最初に筋肉が減少していきます。

 

筋肉が減少する主な原因は、タンパク質の不足です。

 

そして、筋肉が徐々に減少していくと、

それと同時に脂肪燃焼効果を高めてくれる基礎代謝が低くなっていきます。

 

基礎代謝が下がった状態だと、

食事制限を続けても、脂肪は落ちづらくなります。

 

そのため、

筋肉が減り見た目にハリがなくなり、脂肪の影響で肌がたるんで行きます。

 

つまり、老化と一緒の現象が起きてしまうということです。

 

 

肌が荒れる

 

肌も筋肉と同じタンパク質で構成されいます。

 

そのため、

タンパク質含む栄養素の減少は肌荒れを起こします。

 

そして、

代謝が下がっていることで血行が悪くなり、老廃物が体に溜まりやすくなります。

 

老廃物が溜まると、肌にハリや、ツヤ感がなくなり、

乾燥肌、ニキビ肌、シワなどが増えやすくなります。

 

 

ストレスが溜まる

 

栄養が不足すると、筋肉や肌以外に脳にも影響を与えてしまいます。

 

ストレスは、

ビタミン類、糖類、カルシウムなどの減少で溜まりやすくなります。

 

脳にそれらの栄養素が行き渡っていないと、

正しい判断力や、思考力、記憶力などが低下します。

 

さらに、

イライラしたり、不安症になったり、自信が低下したりします。

 

その結果、

小さなミスや、ど忘れ、ささいな人間関係がストレスになり始め、

精神的に不安定になりやすくなります。

 

 

回復力が下がる

 

間違った食事制限により、

弱ってしまっている体は、当然回復力が低下します。

 

筋肉が減り代謝が低下していることで、

筋肉痛、むくみ、肩こり、腰痛などの疲れも治りづらくなります。

 

さらに、

体力も減少しているため、いつもと同じ作業量でも、

今まで以上に疲労を感じやすくなります。

 

これを改善するためには、

しっかりと栄養を摂るするほかないです。

 

 

リバウンドの原因になる 

 

筋肉の減少により、痩せずらくなり、

 

さらに、疲労やストレスが溜まっている状態だと、

高確率で暴飲暴食をしてしまう可能性があります。

 

一度でも、暴飲暴食をしてしまうと、

それを何度も繰り返してしまいます。

 

その結果、

代謝の低い体にカロリーが大量に取り込まれ、

急激に太ることでリバウンドを起こします。

 

リバウンドは太ること以外にも、

胃腸や肝臓などの重要な臓器に負担をかけてしまう事があります。

 

実際にリバウンドが原因で、

別の病気を引き起こしてしまうケースも存在するため、

十分に注意が必要です。

 

まとめ

 

食事制限は誰でも簡単に始められます。

 

ですが、

しっかりと正しい方法で行わなければ、

とても危険な行為になってしまうということを、しっかり理解しましょう!

 

食事制限は正しい方法で行えば、

ダイエット効果を高めて、健康的に痩せることができます!

 

ダイエットで食事制限をする前に、

ぜひ今回の記事を参考にしてください!

 

 

 この記事と合わせて、正しい食事制限についてもぜひご覧ください!

www.jazzmanspear.com