Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

ダイエットで脂肪を早く落とすための方法

 

 

はい。 Jazzmanです。

 

今回は

「なるべく早く脂肪を落としたい!」

「努力しても全然効果が出ない!」

そう思っている方向けに、脂肪を落とす方法を紹介します!

 

 

 

 

 

脂肪を落とす食生活

 

タンパク質を多く取る

 

タンパク質を積極的に取ると、筋肉の発達を助けて基礎代謝が上がります。

代謝が上がると、1日を通してカロリーの消費量が多くなります。

 

さらに、タンパク質は体内に6時間以上蓄える事ができず、

脂肪として体に溜まる事がありません。

 

そのため安心して、タンパク質を取り入れましょう!

 

脂質は控えめに

 

脂肪が付く食生活の1番の原因が脂質の取りすぎです。

脂質は、そのまま脂肪として体に蓄えられてしまう栄養素です。

 

そのため、できるだけ取らない事が大切です。

さらに、血管に脂肪が溜まってしまうと、

血流を悪化させ高血圧の原因になるリスクもあるので注意が必要です。

 

 

ジュース・お菓子は避ける

 

ジュースやお菓子に含まれている、

大量の糖分も脂肪が溜まる主な原因になります。

 

さらに、手軽に取れてしまうので、

自覚がないうちに糖分を大量に取ってしまう可能性があります。

 

多少の糖分は、血糖値を安定させ、エネルギーを生み出し、

脳を活性化させてくれる働きがあるので、糖分自体は体に良い栄養素です。

 

問題は取りすぎという事!

 

 

脂肪を落とす運動

 

ランニングをする

 

2日に1回の頻度で、30分〜40分ほどのランニングをしましょう。

 

有酸素運動は激しくないので、筋肉を消費する事が少なく、

脂肪を効果的に落としてくれます。

 

ですが、走るペースは早歩きをする程度のスピードを保ちましょう。

それ以上のペースだと、有酸素運動から筋トレに切り替わってしまいます。

 

 

筋トレをする

 

週に1〜3回の頻度で、10分〜30分ほど筋トレも取り入れましょう。

 

筋トレをする事で筋肉が大きくなると、

代謝が上がり脂肪を落とす働きを強くします。

 

さらに、筋肉痛になると普段よりも代謝が上がります。

筋肉を回復させるために、血流が活発に働くからです。

 

 

私生活での運転を増やす

 

私生活でも脂肪を落とすことを意識しましょう。

 

階段を積極的に使ったり、移動の時になるべく歩くようにして、

少しずつ消費カロリーを増やす努力をすると、脂肪は落ちやすくなります。

 

 

生活習慣を変える

 

睡眠を十分に取る

 

睡眠不足が続くと、ストレスが溜まりやすくなります。

 

ストレスが多く溜まると、コルチゾールというホルモンが分泌され、

やる気を下げてしまいます。

 

脂肪を落とすためには、

最低でも1日7時間は睡眠を確保するようにしましょう!

 

 

体重は気にしない

 

ダイエットをしている方のほとんどが、体重ばかり気にします。

 

悪いことではありませんが、

体重の減少と脂肪の減少はあまり関係性がありません。

 

体重を落とすことばかり考えてしまうと、

体重に囚われ無理なダイエットになってしまう可能性があります。

 

体重計には乗らず鏡の前に立ちましょう!

 

 

まとめ

 

 

今回脂肪を早く落とすための方法をいくつか紹介しましたが、

みんさんはどう思われましたか?

 

大変だと思われた方は、ダイエットに対して少し甘い可能性が高いです。

脂肪を早く落とすためには、最低でもこれぐらい行う必要があります。

 

でも、まずは1週間だけでも続けて見ませんか?