ライフスタイル

筋トレ・ダイエット・私生活

コーヒーを飲むことでダイエット効果がある

f:id:jazzmanspear:20181215095438j:plain

コーヒーにはカフェインが多く含まれています。

多くの方は、このカフェインを眠気覚ましや、やる気を出すとき、気分転換するときに摂取している場合が多いと思いますが、実はカフェインにはダイエット効果があるんです。

 

でも、カフェインを摂りすぎるとカフェイン中毒で体調を崩すこともあるので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

カフェインを摂って起きる効果

 

1 むくみ改善

カフェインには、利尿作用があります。そのため、余計な水分や老廃物を体外に排出してくれるので、むくみを解消することができます。

さらに、肌の質が良くなり、肌荒れやニキビの改善・予防にも効果的です。

 

むくむと基礎代謝が低下してしまいますが、むくみが解消されれば血行が良くなり、基礎代謝が向上することもあります。

 

2 脂肪燃焼効果がある

 

カフェインには、消化酵素の1つであるリパーゼを活性化して、脂肪燃焼効果を促進させます。

 

3 筋トレの効果が上がる

筋トレはダイエットをするのに欠かせないことですが、筋トレはとてもきつい種目でなかなか継続することは大変です。

そんな時に、カフェインを摂取すると眠気を覚ます効果にも関係がありますが、カフェインには覚醒作用があるので、やる気が上がります。

 

4 冷え性改善

カフェインに血行を良くする働きがあるので、体温が上がり冷え性が緩和されます。

 

 

コーヒーの飲みすぎは注意

 

コーヒーを摂りすぎるとカフェイン中毒に陥ってしまうので注意が必要です。

実際に私も何度かカフェイン中毒になったことがあるので、飲みすぎないように意識しています。

症状は主に

  • 痙攣
  • 吐き気
  • 頻尿
  • 落ち着きがなくなる
  • 不眠
  • 不整脈

など様々な症状が出ます。十分に注意しましょう。

 

注意点

 

1 何杯までならいいのか?

基本的には1日に3、4杯が望ましいです。

 

2 タイミング

朝は、朝食とともに摂取して大丈夫です。

筋トレや有酸素運動をするときは、始める20~30分前に飲むことをおススメします。

寝る前2~3時間前は睡眠の質が低下してしまうので、飲むことを控えましょう。

 

3 ブラックで飲む

せっかくダイエット目的で飲み始めたのに、カフェオレや微糖で飲んでしまったら、意味ないですよね。砂糖などは入れずに極力ブラックで飲むようにしましょう。

 

 

まとめ

 

様々なメリットがあるカフェインですが、摂りすぎてしまうと体に悪影響が出てしまうので、上手に付き合うことが大切です。

 

コーヒーを普段から飲んでいる方は、今後ダイエットを意識して飲むのもいいかもしれません。今まで、あまり飲んでいなかった方は、少しずつ習慣化していくことが大切だと思います。

 

カフェイン中毒には、十分に注意してコーヒーダイエットをしていきましょう。

以上がコーヒーのダイエット効果でした。