Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

気付きづらいタンパク質不足をプロテインで改善しよう!

 

f:id:jazzmanspear:20200504134708j:plain

 

みなさんは普段の食生活で、タンパク質を意識して食事をしていますか?

 

タンパク質は意識して取り入れていかないと、自分が気づかないうちに不足してしまうことがあります。

 

さらに、タンパク質不足は栄養バランスの乱れを引き起こすだけでなく、様々な健康問題を引き起こしてしまいます。

 

そこで今回は、タンパク質不足の改善方法をわかりやすく紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

タンパク質不足になると

 

まず最初に、タンパク質不足になると体にどんな影響がでてしまうのかについて、3つ紹介します。

 

 

代謝が落ちる

 

タンパク質が不足することで、筋肉量が減りそれと同時に代謝も低下していきます。

 

代謝が低下することで、1日の消費カロリーが少なくなり、脂肪燃焼効果も下がっていきます。

 

さらに、心臓や肺、消化器官などの臓器も筋肉でできているので、タンパク質不足はこれらの機能も低下させてしまいます。

 

その結果、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

 

 

肌が荒れる

 

肌細胞の主な材料で肌のハリやツヤを保つコラーゲンは、主にタンパク質で構成されているので、タンパク質が不足することでそれらの成分も減少していきます。

 

さらに、肌質を保つためには代謝を高くする必要がありますが、タンパク質不足は代謝の低下を引き起こしてしまうので逆効果です。

 

代謝が低下すると血流が悪くなり、全身に酸素や栄養素を運んだり老廃物を体から排出する血管の働きが弱くなってしまいます。

 

そのため、肌には栄養が行き渡りづらく、老廃物も溜まりやすくなって肌荒れに繋がってしまうのです。

 

 

やる気・集中力が下がる

 

やる気をテンションを上げてくれる幸福ホルモンのドーパミンや、

気持ちを安定させリラックスさせるセロトニンなどの、物質は主にアミノ酸からできています。

 

アミノ酸はタンパク質が体内で分解されることでできる栄養素です。

 

そのため、タンパク質が不足するとこれらのホルモンの分泌量が減少し、脳の働きも悪くなっります。

 

普段から、あまりやる気や集中力が無いと感じたら、タンパク質不足が原因かもしれません。

 

 

プロテインで補う方法

 

普段の食事から必要なタンパク質を補うことは簡単ではありませんが、プロテインを効果的に利用することでタンパク質を簡単に補えます。

 

そこで、プロテインでタンパク質を補う方法を2つ紹介します。

 

 

食事に+α

 

例えば、ラーメン、うどん、カレー、丼物などのタンパク質が少ない食事をした時に、

プロテインを飲むことで、1回の食事で必要なタンパク質を補うことができます。

 

さらに、朝食にもプロテインは効果的です。

 

朝は基本的に水分や栄養素が体内に不足している状態なので、

朝食と一緒にプロテインを飲むことでバランスよく栄養を摂取できます。

 

 

お菓子の代わりに

 

空いた時間や暇な時、小腹が空いたときに、ついついお菓子に手を伸ばしがちな人。

 

お菓子に手を出さずにプロテインで代用してみませんか?

 

お菓子には脂肪や糖分、高いカロリーが含まれていて肥満の原因になりますが、プロテインならそんな心配いりません。

 

さらに、タンパク質も摂取することができるので一石二鳥です!

 

 

1日に必要なタンパク質は?

 

最後に、1日にどれぐらいタンパク質を摂取するればいいのか?目安として紹介します。

 

特に運動を足ていない人の場合

体重1kgに対して1g (体重60kgならタンパク質60g)

 

筋トレやスポーツをしている人の場合

体重1kgに対して2〜3g (体重60kgならタンパク質120〜180g)

 

 

ちなみに、厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」では、

成人男性の場合60g 成人女性の場合50g のタンパク質を1日に摂取することを推奨しています。

 

ですが、体型や身長など個人差もあるので、あくまでも目安として捉えておくことがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

タンパク質不足は、気付きづらいことが多いですが、意識すれば簡単に改善することができます。

 

いきなり食生活を完璧にしようとしてもうまくいかないので、まずは自分ができる範囲で少しづつ改善していきましょう!

 

少しずつでも、改善することが1番大切です。