スタイルがよくなる!下半身を鍛えるメリット!

 

 

下半身の筋肉は服を着ているとなかなか目立ちにくいため、あまり鍛えていない人が多いと思います。

「目立たない」「脚を太くしたくない」「キツい」などが理由で下半身を鍛えない人が多いです。

 

実際に、筋トレを長い間している人の中にも上半身しか鍛えていない人が多くいます。

 

でも、下半身は鍛えるととても多くのメリットがあるんです。

今回は、下半身を鍛えるメリットや効果などについて詳しく紹介します。

 

 

 

 

疲れにくくなる

 

下半身の筋肉を鍛えることによって、普段の生活でしている様々な行動が楽になります。

通勤での移動や、階段の上り下り、しゃがんだり、立ち上がるなどこれらの動作を今までより楽してくれるので、疲労を感じにくくなります。

 

さらに、瞬発力も高まるのでつまずいて転びそうになっても、すぐに立ち直すことができるます。

 

疲労が減ると今までよりも積極的に、新たな物事にチャレンジできるようにもなります。趣味を見つけて没頭できたり、休みの日に遠出したりなど様々な機会が増え、性格的にもポジティブになるでしょう。

 

姿勢が改善される

 

下半身の筋トレは、姿勢を保つために必要な背中の筋肉や腹筋、体幹なども同時に鍛えてくれるものが多くあります。

さらに、大きい筋肉が多い下半身は高重量も扱いやすいので、姿勢を保つことがとても重要になってきます。

 

特に、スクワットは少しやり方を間違えてしまうとケガに繋がってしまうので、姿勢がとても重要になります。正しいフォームで行うために姿勢をしっかりと意識しなければいけません。

そのため、下半身を鍛えることで姿勢を保つために必要な筋肉も刺激されるので、姿勢がよくなるという効果が期待できます。

 

基礎代謝が上がる

 

下半身の筋肉は体の中でも大きいものが多いです。特に、お尻の筋肉である「大殿筋」は1番大きい筋肉と言われています。

大きい筋肉は消費されるエネルギーが多いので、鍛えることで脂肪燃焼効果が期待でき、基礎代謝を高めてくれるでしょう。

 

その結果、太りにくく痩せやすい体になります。ダイエットをしているのなら、是非下半身の筋トレを取り入れてみてください!

 

関節を強くする

 

関節に痛みを感じている人の多くの原因は下半身の筋力の低下にあります。

筋力が低下すると、その分関節に掛かる負担が大きくなり、痛みを引き起こします。

若いころは、筋力が低下することがほんとないので、関節の負担がほとんどありませんが、年を重ねていくうちに筋力はどんどん低下していきます。

 

さらに、縦の動きがあるスクワットなどは骨密度の強化に繋がります。

骨を強くするにはカルシウムの摂取が大切ですが、それと同時に骨に負荷が掛かる運動も大切です。

下半身を鍛えることは、体に掛かる負担を軽減して、日常生活を健康に過ごすためにとても重要なことなのです。

 

脚が長く見える

 

太ももの筋肉の「大腿四頭筋」や「ハムストリングス」ふくらはぎの筋肉の「下腿三頭筋」を鍛えると当然太くなりますが、ボディビルの選手のような脚にはなりません。

脚を鍛えれば当然太くはなりますが、足首や膝などの関節が引き締まり細くなることで、脚が細長くなったように見えます。

 

さらに、下半身の筋トレは消費カロリーが多いので無駄な脂肪が減り、今までよりも引き締まって綺麗になります。

 

脚を細くしたいと悩んでいる人は、下半身の筋肉を鍛えることをおすすめします。

ぜひ試してみてください。

 

まとめ 

 

下半身の筋トレはキツい分、多くのメリットがあります。

今まで、あまりしていなかった人はぜひ始めてみてください!

しっかり行うえば、効果はすぐに出ることでしょう。

始めは無理のないように、慣れていけば徐々にハードにしていきましょう!

 

そして、下半身だけではなく上半身も忘れずに鍛えましょう。バランスよく行うことだ大切です。