Jazzman Life Style

筋トレ・ダイエット・生活習慣

姿勢は意識しておかないと、猫背になっちゃう!

 ごきげんよう、Jazmanです、

 

みなさんは普段から、正しい姿勢を意識して過ごしていますか?

 

姿勢はしっかり意識して生活しないと、

背中が曲がって猫背になってしまいます。

 

猫背は脱力した楽な姿勢のため、ついついしてしまいがちですが、

 

その姿勢を続けていると、体に多くの健康被害を引き起こしてしまう事になります!

 

 

そして今回は、猫背がどれだけ体に悪いのか、

その改善策について、わかりやすく紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

猫背のデメリット

 

太りやすくなる

 

猫背になると、上半身を支えている背中とお腹の筋肉が脱力するので衰えていきます。

 

さらに、背骨や骨盤も正常な位置からズレてしまうので、歪んで行きます。

 

その結果、

筋肉の減少で代謝が低下し、骨の歪みから血流が悪くなり、

上半身に脂肪が溜まりやすくなることで、太りやすくなってしまいます。

 

特に、骨の歪みは痛みや痺れを引き起こす危険があるので、注意が必要です!

 

 

消化不良

 

上半身が曲っていると、

内臓が圧迫されて本来の機能が低下します。

 

さらに、

代謝が低下し血流が悪くなってしまう事で、

消化液の分泌も少なくなります。

 

悪化すると、

吐き気や胸焼け、食道炎などを引き起こす危険があるので注意が必要です。

 

 

疲労

 

筋力の衰えと血流の悪化で、

酸素や栄養素を運ぶ血管の働きが大きく低下することで、

疲労が溜まりやすくなります。

 

さらに、循環機能も低下するので、体がむくみやすくなります。

 

当然、その状態で過ごしていると、

気分もスッキリしないので、姿勢も悪くなりがちになります。

 

猫背で疲労感を強く感じてしまうことで、

改善することが難しくなってしまう、負のループが発生します。

 

もしも、「前よりも疲労が溜まりやすくなったな」と思う場合は、

姿勢を少し意識してみましょう!

 

 

見た目

 

見た目に変化は、猫背で1番最初に出る悪影響です。

 

背中が曲がった状態だと、

ダラシなく、衰えているような印象を相手に与えてしまいます。

 

猫背は、どこか頼りないような見た目!

 

決していい印象を与えることはできません!

 

 

猫背になる原因

 

パソコン・スマホの長時間利用

 

パソコンやスマホを長時間使っていると、

無意識のうちに背中が曲がっていきます。

 

特に、座っている状態で見ていると、

立っている時に比べて猫背になりやすいです。

 

さらに、

長時間同じ姿勢を続けると、首から背中にかけての筋肉が硬くなり、

肩こり、腰痛、猫背の悪化などの原因になります。

 

今後、

長時間パソコンなどを使用する場合は、

定期的にストレッチをして体を休めるようにしましょう!

 

運動不足

 

運動不足だと、正しい姿勢を保つために必要な筋肉が不足します。

 

そのため、

しっかりと背筋を伸ばす姿勢がしづらくなり、

無意識のうちに背中がどんどん曲がってしまいます。

 

デスクワークが中心で、あまり運動習慣がない方は、猫背になる要因が多いので、

定期的にウォーキングや筋トレなど運動習慣をつけるようにしましょう!

 

 

まとめ

 

猫背は、みなさんが思っている以上に深刻な健康問題です。

 

普段、

自分がどんな姿勢で生活しているのか、しっかり意識してみましょう。

 自覚がないだけで猫背になっているかもしれません!

 

そして、

もし猫背になっているのなら、

健康被害を引き起こしてしまう前に改善しましょう!

 

以上です!